ゆとり世代のバイセクシャル 【ぬまぎの戯言】

ぬまぎ = 24歳(女)彼女持ち。セクシャルマイノリティ・経験談・想ったことを熱く綴ります!

誰にも嫌われないことは、誰からも好かれないことだ。

 

どうも、ぬまぎですm(__)m

 

ブログを更新せず、ずっと放置していましたが…w

 

元気です(*ノωノ)てへぺろ

 

今回は、嫌われたくない病を打破するための記事です!

 

私は、好きな人と嫌いな人がいる。

人って、得意なことや苦手なことがありますよね。

私は、数学がすごく苦手でした…。

 

なんせ数学の公式に対して…

 

「なんでこの数式に数字を当てはめると計算ができるんだろう。」

 

と、余計なことを考える質で…w

 

物事を深く考える性格と、数学という学問の相性が悪いんでしょうね…(という逃げ。

 

そんなこんなで、人間関係でも好きな人と嫌いな人がいます。

 

相性って、あるよね。

私にも、合わない人はいます。

…というか、私は嫌われやすいし、好かれやすい性格です。

 

性格がはっきりしていて、関わる価値がないと判断した人間を容赦なく切りますw

 

自分と合う人は、自分を隠さずに接していれば自然とわかります。

 

「ん?なんかこの人違うな。」と感じたら、それが答えです。

 

自分の感情と対話し、常に自分をしっかり持つことが重要ですね。 

 

自分が精一杯の努力をしても、嫌われることがあるのも世の常。

努力の方向を間違えると、自分を疲れさせる原因にもなります。

 

嫌われる勇気と、好きになる勇気。

 好きな相手に嫌われることほど辛いことはありません。

どんなに大切に想っていても、相手に煙たがられては悲しいですよね。

 

でも私は、嫌われる勇気を持つことにしました。

 

 世の中の全てを好きになる必要はありません

人間関係も同じ。

 

 誰にも嫌われないように、自分を取り繕って生きるのは本当に辛い。

 

私は、私です。

 

私以上には、なれません。

私以下にも、なれません。

 

あなたもそうです。

 

あなたは、あなたの一番近くにいます。

あなたは、死ぬまであなたと付き合い続けます。

 

だから、あなたはあなたを大切にしてください。

 

誰からも嫌われない人間は、誰からも好かれません。

 

誰かから嫌われる人間は、誰かから必ず好かれます。

 

個性があるからです。

 

自分にしかないものを大切にしましょう。

 

自分と同じ人間は、存在しないのだから。

 

 

足りないところがたくさんあり、もがきながら進む毎日ですが…

 

私は、そんな自分が大好きです。 

 

それでは!