読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとり世代のバイセクシャル 【ぬまぎの戯言】

ぬまぎ = 24歳(女)彼女持ち。セクシャルマイノリティ・経験談・想ったことを熱く綴ります!

色々重なって、死にたい。…でも、自殺する勇気ないわ。byメンヘラ?

 

どうも、ぬまぎですm(__)m

 

今日は、元気がありません…。

昨日も一昨日も、いつもより元気がなかったのですが、今日はさらに元気がないんです…。

 

嗚呼、しんどい。

 

しんどいからこそ書いてみよう

先ほど、ふと思いました。

完璧主義者や、真面目で人に弱みを見せたくない人っていますよね。

そんな人ほど、裏で人一倍自分と葛藤してるんです。

 

人が裏で葛藤してる姿って、なかなか見ないじゃないですか。

ドキュメンタリーとか作ってもらえるレベルの人なら見られるかもしれないけど。

 

なので、元気のない自分でも書ける題材にしました。

 

しんどい感情の変遷

私は「しんどい」の中に、段階があります。

わかりやすく5段階にまとめてみました。

 

1.「体調悪いなぁ。」

2.「気分が乗らないなぁ。」

3.「トイレや風呂には行ける。外へは行きたくない。」

4.「自分の存在価値が無いように思える。」

5.「死ぬことしか考えられない。」

 

人によって段階は様々だと思います。

私はこんな感じで気分が下がっていきます。

 

今現在は3くらいのしんどさです。

記事を書き始める前までは4くらいでした。 

 

…何か作業ができるなら、していた方が気が紛れますね。

何もする気が起きない状態の4~5までいくと、絶望の時間が訪れますが(´・ω・`)

 

しんどさの原因究明

私は仲の良い知り合いは複数人います。

彼女もいます。

家族もいます。

本当にひとりきりで悩んでいるわけではありません。

 

ただ、考えても解決しない悩みってたくさんありますよね。

 

・お金がない

・仕事が続かない

・恋人や好きな人に振られた

・友人に嫌われた

・親と絶縁した

・会社に行きたくない

・学校に行きたくない

 

…etc.

 

悩みがあると頭から離れなくなりがちです。

その問題が山積して、自分の処理能力を超えると…

 

 

死にたくなります

 

 

しんどさメーターは人による

しんどさの感じ方は、人によって千差万別です。

これが厄介なんですよ…(;´Д`) 

 

例えば、体育会系の理不尽なしごきに遭っても平気な人がいますよね。

同じことをされた別の人は、時に自殺してしまうことも…。

 

さらに、すごく大きな問題があります。

しんどさを他人に聞いてもらうのって、ものすごく申し訳ないんですよ。

真面目な人ほど、その気持ちが強いです。

誰だって楽しい話や嬉しい話を聞いていたいし、元気づけ方を考える人も力使いますから。

 

しんどさの解消にはお金がかかる

そこで相談するのがカウンセラーさんや医師

 

話をしっかり聞けるように予約制のところが多いです。

予約制じゃないと、待ち時間がものすごく長かったり…。

 

気分ってコントロールが難しいですよね。

予約を取って行こうとすると、すでにしんどくない時期なんてことしばしばw

 

特徴として、話すのが得意な人だとスッキリしやすいです。

でも、話すのが苦手な人だとそれも難しかったり…。

 

何より、お金がかかるんですよね…。 

これがなかなか高い

話すのって地味に時間食いますからね。

 

まぁ、カウンセラーさんもボランティアじゃないので当然ですよね(´;ω;`)

 

 競争社会って、しんどいよね

 私の個人的な意見ですが、競争し続けるのって辛くないですか?

 日々、自分の弱さや周りの人、時に大切な人と競争しなければならない状況になるじゃないですか。

 

運動会で言う徒競走が毎日行われてるイメージです。

1着から5着まで決められて、良し悪しを見定められ続けるのが私はしんどいです…。

 

私がしんどいってことは、他にもしんどい気持ちを抱えながら、歯を食いしばっている人がいるってことですよね。

 

…みんながお互いを日々潰し合う世界に見えてきます。笑

 

メンヘラってバカにされがちだけどさ

メンヘラメンヘラってよく聞きますよね。

特にネットで精神疾患の人たちを叩いて喜ぶ人たちって、常に一定数います。

 

私は、精一杯努力して精神疾患を患ってしまった人を叩くと、自分自身を叩くことに繋がると思うんですよね。

…だって、人間だから落ち込むことってみんなあるでしょ。

 

「あの人を傷つけちゃったんじゃないか。」

「あの人は自分のことを嫌いになったんじゃないか。」

「失敗していろんな人に迷惑かけて申し訳ないな。」

 

生きていれば、いろんなことがあります。

 

全てが良いことではないし、全てが悪いことでもない。

 

現代は激しい競争社会で、一歩間違えるとみんな敵になってしまいますよね。

思考も敵と味方を、白黒つけて考えてしまいがちです。

 

だから私は「とりあえず生きてりゃいいんじゃない?」とか、

誰かに命狙われてるわけでもないし。」と考えるようにしています。 

 

 …極端すぎますかねwww

 

問題が山積しているときこそ、誰かを頼ろう

私は悩んでいるとき、ひとりで絶望の中に足を踏み入れていく人間です。

人に手を借りずに、なるべく一人で全てのことをできるようにしようとします。

 

…でもさ

 

人間なんてひとりじゃ大したことないんだから、誰かを頼っていいんだよ。

 

自分はあくまで自分です。

自分の意見しか思い浮かびません。

 

友人や、両親や、兄弟や、友人の友人などなど、さまざまな関係の人たちへ助けを求めればいいんです。

もちろん皆人間ですから、いつでも手を差し伸べてあげられる余裕があるとは限りません。

 

そのときはまた、他の人を探しましょう。

 

 最後に、一番大切だと思うこと

自分の命を大切に想ってくれる人のことを考えるべきです。

そんな人がいないのなら、まずは自分が誰かの命を大切に想える人間になりましょう。

 

そして、自分が最も長く自分と時間を共にします。

自分を理解していると、これからの人生がすごく楽に生きられるんです。

 

まず、自分と向き合いましょう。

 

私もきっとあなたと同じです。

弱くて、すぐに落ち込んで、大した取り柄もないように想います。

 

でも…

 

取り柄がないなら、これから作ればいい。

良いところがわからないなら、誰かに探してもらえばいい。

 

誰もそれを咎める権利はありません。

 

真面目な人は、少し肩の力を抜いて歩いてみましょう。

きっと、少しずつ気持ちが楽になっていくはずです。

 

 

私も、自分なりにゆっくり歩いていきたいと思います。

 

 

それでは!