読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとり世代のバイセクシャル 【ぬまぎの戯言】

ぬまぎ = 23歳(女)彼女持ち。セクシャルマイノリティ・経験談・想ったことを熱く綴ります!

お願い!ビアンのお姉さん、バイを嫌わないで…。

セクシャルマイノリティ 恋人 考え方・想像力

 

どうも、ぬまぎですm(__)m

 

今回は、同じセクシャルマイノリティの中でも、レズビアンバイの女性を嫌うことが多い件についてです。

 

少なくとも私は、それで悲しい想いをしているので…w 

 

バイの女性は、ビアンに嫌われてる

多くのビアンが、バイの女性に対して思っていること…

 

 

 

 「どうせ、最後は

男と結婚するんでしょ?」

 

 

 

これなんです。

きっと、多くのビアンが頷くでしょう。

 

でも、ビアン寄りのバイである私から一言言いたい。

 

 

 

「全てのバイがそうではない。」

 

 

 

限りなくビアンに近いバイは、結婚に逃げにくいと思いますよ。

少なくとも、私はそうです。

 

主張!~ビアン寄りのバイより~

今付き合っている彼女も私と同様、ビアン寄りのバイです。

 

私たちは、好きになる約8~9割が女性

 

彼女と2人で街を歩いていても、男性に目を奪われるのはものすごく稀です。

むしろ、ほとんどないんですよ。

 

だから可愛い女性を見つけて…

「あの子可愛くない?」「うん、可愛い!」と話すことがほとんど。

 

仮に会話で「あの人イケメンだね。」「確かに。」と話しても、恋愛対象として言っていません。

ただ単に、顔や、滲み出る雰囲気や、その人が取った行動に対して言っているだけ

 

でも、ビアンのお姉さま方が年齢を重ねて結婚に逃げるバイが嫌い」という気持ちは分かります

今の法律では、ビアンは愛する女性と結婚できないですもんね…。 

私もできれば今の彼女と結婚したいです。

 

だから、純粋なビアンの気持ちを踏みにじるバイがいることは、私が代わりに謝ります。

 

 

 

本当にごめんなさい。

 

 

でも、そういう人って「バイだからダメ。」ではなく、「その人が人として至らないからダメ。」なんですよ。 

 

セクマイはどこで出会えばいいのか

セクマイは何しろ出会いが少ないです。

 

現在は昔よりセクマイへの理解が進んできたものの、まだまだ差別が残っていますよね。

まぁ、差別と区別の違いが難しいのもありますが…。

 

そのため、セクマイの人が恋人や友人を探すとき、ビアンバーゲイバーから始まり、オフ会セクマイ掲示板アプリなどで出会うことが多いです。

 

会社や友人の紹介で恋人ができることもあるとは思いますが、ごく稀でしょう。

 

恋人を探すときに…

私はビアン寄りのバイなので、同じようにビアン寄りのバイか、ビアンの人を探します。

バイの私でも「男の人の方が好きだけど、次は彼女が欲しい。」というバイとはなるべく付き合いたくありません。

 

 

結婚するために

男に逃げることがあるから。

 

 

なので、ビアンの皆さんの気持ちはよくわかっているつもりです。笑

 

ビアン寄りのバイはどこにも居場所がない

ここでひとつ、ビアン寄りのバイに問題が生じます。

ただでさえビアンに嫌われているのに、同志のはずのバイに対して「結婚に逃げるかもしれない。」と疑念を持って接しているんですよ。

 

特に、セクマイ掲示板で恋人を探しているビアンからは「結婚に逃げられるのが嫌だから、最初からバイはお断り。」とかなりの頻度で言われまくります。

 

アホなバイからは「彼氏も彼女も欲しい~。」とか言われたりしますwww

 

 

 

なにこの無理ゲーw

 

 

 

つまり、ビアン寄りのバイは、ビアンにもバイにも属しづらくて、とてつもなく窮屈なんです…。

 

セクシャルに囚われすぎてない?

大概、セクシャルマイノリティに属する人たちは、自分のセクシャルを理解するために、どこかしらのカテゴリーへ自分を当てはめようとします

 

世間一般でいう普通を押し付けられ続けた結果、その違和感と窮屈さに疑問を持つからです。

 

本来は、分かりやすく分類するために、セクシャルが分類されただけなんですよね。

 

…でも結局、バイはビアンから嫌われている。

 

そして、ビアン狭いビアン同士のコミュニティ内で絆を深め合う。

 

最終的に、ビアン寄りのバイである私たちは、ビアンの中にもバイの中にもうまく溶け込みきれずに浮遊している…。

 

これって…

 

 

 

本末転倒ですよね。

 

 

 

お互いに理解し合うために生まれたはずの分類が、出会いの幅を狭めてしまっているんですよ。

 

 カテゴリーではなく、どんな人かが最重要

ただでさえ狭いセクマイコミュニティの中でお互いをけなし合っていては、何も生まれません。

特にセクマイの人なら、人生で一度くらいはカテゴリー分けされることの苦痛を味わったことがあるでしょう

 

本当にカテゴリー分けが嫌だったなら…

 

年齢や性別、価値観などの違いを尊重しながら他人と関わることが重要

 

そして、その人がどんな人かが最も大切ですよね。

 

今回話したビアンに対しては、バイというセクシャルで分類してしまうのではなく、個人として尊重した上で、接するか接しないかを決めてほしいなぁと思います。

 

そうなれば、ビアン寄りのバイである私たちも もう少し恋人が探しやすくなるんですよね。

 

バイである私はこれからも主張していくために、他のセクシャルの人を尊重していきます(●´∀`●)b

 

 

ビアンのお姉さん、こんなバイもいるってことを理解して頂きたいな。

 

byバイ

 

(バイバイじゃないよ!)

 

バイの若造は、今日も元気です☆

 

それでは!