ゆとり世代のバイセクシャル 【ぬまぎの戯言】

ぬまぎ = 24歳(女)彼女持ち。セクシャルマイノリティ・経験談・想ったことを熱く綴ります!

「物」を大切にする人は、「人」を大切にする。

 

どうも、ぬまぎですm(__)m

 

最近はいろいろな価値観の人がいます。

 そこで挙げられるのが、物への価値観

 

今回は「物を安く買うことを優先する」か、

高いものを買って、長く使うことを優先する」か、についてです。

 

安すぎるものより、ちょっと高いもの。

私は「良いものを買って、長く使う人」です。

私の友人には「別にそのうち壊れるんだからなんでもいいじゃん。」という人もいますね…。

ですが、安易にそう考えていると、物を大切に扱うことがなくなります

 

例えば、私がとても大切にしている物の一つに、PCのキーボードがあります。

キーボードなんて、安いものを買おうと思えば数百円~千円ちょっとで買えますね。 

 

え、そんなに高いの…!?

私のキーボードは、なんと実売価格15000円程するものです。

 

 

(゚д゚)ウソやろ…

 

 

きっと今、あなたはこんな顔をしているでしょうw

 

商品名は、東プレReal force(リアルフォース)といいます。

 

このキーボードは静電容量無接点方式を使ってまして…。

簡単に言うと「長時間の使用でも壊れにくく、指に負担がかかりにくいキーボード」ですね。

つまり、仕事で文章を打つ機会が多い人や、長時間ゲームをプレイする人などに向いています。

 

さらに言うと、きちんと掃除等をしつつ普通に使えば、快適な打ち心地のまま10年単位で使える耐久性の高いキーボードなのです!

 

おかげで手首や指に負担がかからないし、壊れたり打ち心地が悪くなったりもせず、とても快適なネット生活を送っています。

 

言わば、ネットQOL(クオリティオブライフ)に多大なる貢献をしてくれている、私の大切な相棒

少なくとも私は、これから先の人生で安物のキーボードを使うことはないと思いますねww

(東プレの回し者じゃないヨ!実費で買って愛用してるだけ!)

 

知っているか知らないかで、物の価値が変わる。

もちろん、ネット初心者時代には、Realforceの存在を知りませんでした…。

こんな高いキーボードが存在すること自体想像もつかなかったですし、自分がそれを使うなんて思ってもみませんでしたね。

 

まず、PCを触り始めた頃は、むかーしのPC(windowsME)に付いていたキーボードを使っていました。

それが壊れたので、知り合いが使わなくなったキーボードを頂いて使っていました。

もらったのがうれしくて大切に使っていましたが、ある日事件は起きます…orz

 

掃除中にスペースキーを破損してしまったのです…。

 

 

 

(´・ω・`)ちーん。

 

 

 

 ちょうどその頃、You Tubeの動画や商品レビュー等を見て、Realforceの素晴らしさを知ってしまいました…。笑

 

そこで、Realforceの中古品ヤフオクで安く購入したのです。

昔の型だったので、6300円くらい+送料だったかな?

 

つまり、商品の価値や存在を知らないと、使うことはおろか、購入の候補にすら挙がりません

 やはり、下調べは大切ですね。

 

 何にお金お掛けるかは、あなたが選んでいい。

当たり前のことを言いますが、あなたのお金は貴方が自由に使って良いお金です!

 

趣味に使っても良し、貯金しても、物を買っても、遊びに使ってもいい。

自己投資をしてもOK。

さらに言うと、募金をしたり、他人に奢るのも良いわけですね。 

 

でも、私自身のお金の使い方で最も多いのは、「ちょっと高いものを、大切に使い続けること。」です。

 

「物」の価値がわかる人≒「人」の価値がわかる

「どんな物を買うか」は、人間関係にも通ずるものがあります。

 

例えば、あなたが仕事や学校で否応なく一緒に過ごす人たちは一定数いますよね。

しかし、その他の交友関係は、基本的に自分で選べます

 

そこで、その交友関係の選び方が問題になるわけです。

「高いものを長く使う」派の私 = 狭く深い交友関係を築く人間となります。

 

 まず、私は人見知りをしないため、たくさんの人と話すことができます。

そして、その中から自分に合った人と交友関係を深めていくようにしています。

 

自分に合わない物や人は要らない

自分に合わない人とは、極力関わらないようにしています。

時間の無駄だからですw

 

 

 

m9(^Д^)プギャー

 

↑ひでぇ奴ww

 

 

 

つまり、商品を選ぶときと一緒です。

色んな人と接し、「相手がどんな人か」と情報を得る癖が付いているので、どの人と付き合っていくべきかを見定めることができるわけです。

 

反対に、自分も相手から見定められ、「こいつ要らね(´-∀-`;)(ポイッ」とされることももちろんありますがねww

↑そんな君は後悔するが良い( ・´ー・`)

 

まぁ、お互い様って奴です。

 

物や人の価値がわかったようになってるそこの君。

え、私のこと…?

違う違う。

 

社会や人生や、いろんな物事を分かったようなつもりになってるそこのあなたですよ。

 

あなたの目に映っているその情報。

それは、あなたが勝手に作り出したものです。

 

素敵に見える恋人。

できる人に見える上司。

自分にないものを溢れんばかりに持っているように見える友達などなど…。

 

それは、あなたが作り出した幻想です。

人は自分というフィルターを通して世界を見ますが、そのフィルターにはさまざまな補正がかかっています。

 

それを理解した上で、物や人を選んでいる人は大丈夫ですが、そんなこと普段は意識していない人の方が大多数ですよね。

 

自分の道は自分で決めろ。

私は、その幻想の中で生きています。

仲の良い友人、恋人は、私が選び、私が選ばれたからこそ存在します。

 

物を買うときもそう。

私が「これは良い!欲しい!」と思ったからこそ買うわけですよね。

 

だから、私は自分が選んだ物を大切に使います。

良いと思ったものだから、愛着があるのです。

 

人間関係もそうですね。

「この人と話が合う!」「この人は自分と違う物を持っている!」などがあるからこそ、一緒にいます。

 

だから私は、友人や恋人を大切にします。

 至らない自分の、できる範囲で。

 

こんな奴に注意

 たまにいますよね。

人間関係は適当。

自分のことばかり考え、お金に汚かったり、平気で人を裏切る人。

そんな人を思い描いてみてください。

 

大体、物に対しても適当ですよ。

もしくは、「物」を大切にしているのではなく、「物を持っている自分」を大切にしていることも多いです。

 

 さらに言うと、あなたが持っている「物(価値)」がなくなったときに去っていく人間は、こういう人間です。

 

 

あなたも「物」を大切にすることで、「人」も大切にできる人間になりましょう。

私もまだまだこれからです。

 

それでは!