ゆとり世代のバイセクシャル 【ぬまぎの戯言】

ぬまぎ = 24歳(女)彼女持ち。セクシャルマイノリティ・経験談・想ったことを熱く綴ります!

続く趣味と人生は繋がる【前編】

 

どうも、ぬまぎですm(__)m

 

今回のテーマは【趣味と人生】

 

前編:「今も続けている趣味」

後編:「上手く続かなかった趣味」を書きます。

 

人の趣味を参考に


私の趣味は、ギターの弾き語り音楽鑑賞読書バイク運動Human Beatbox日記紅茶ネットサーフィンウィンドウショッピングなど。

 

それぞれ力の入れ具合は異なり、やる頻度にも差はありますが、一般的には趣味が多い方…ですかね?

 


趣味は「人によってやり方・内容を調整できる」のも、魅力の一つです。

何が正しい・間違っているのかは関係なく、自分がやりたいことをやりたいようにできるのが楽しさの根源ではないでしょうか^^

 

 

 

「あなたには、

心から楽しいと思える

趣味がありますか?」 

 

 

 

 楽しいと思うことに挑戦

 

私は趣味を意識して始めたことがありません。

なんとなく「あ、これ楽しそうだな。」とか、「これカッコいい!」など、心が動いた瞬間にとりあえず挑戦します。

少しやってみて、「さらに深くやってみたい!」と思ったらステップアップしていくイメージですね。


例えば、ギターは中学1年生の頃に始めました。
当時はハー○オフで売っていた中古エレアコ(エレクトリックアコースティックギターの略)の格安初心者セットを確か2万円ほどで購入して、ドレミを弾いて満足していました。笑

(傍から見ると、大して弾けてもいないのに…汗)


しばらく経つと、少しずつコードが弾けるようになってきて…
ストローク(ジャカジャカかき鳴らす弾き方)と歌を一緒にできるようになり、
練習中に切れた弦や、錆びてきた弦を交換できるようになっていきましたね。

 

ここまで来たら立派な趣味


段々楽しくなってハマってくると、ピックや、ストラップや、弦や、ボディの掃除道具や、ギター雑誌、その他のあれこれをお年玉で買い揃えていきます。


音楽にハマる前まではゲームに注ぎ込んでいたお金を、全てギターに使うようになりましたね。笑
ですが、ある時「初心者の壁」と呼ばれ、ここで挫折する人が大勢いるといわれるFコードの難しさに難儀しますw

一度弾けるようになっていたのに、しばらく忙しくて弾けない時期があり、
気が付いたらいつの間にかFコードが弾けなくなっていました…。

 

 


「…(;´Д`)ガビーン


↑ もう、こんな感じ。笑


再び気の向くままにギターを弾きました。
そして、いつの間にかFが弾けるようになりました。

ギターの弾き語りをすることが楽しかったことと、ストレス発散に繋がっていたからでしょう。

 

あ、そういえば当時は同級生の友達に電話をして、わざわざ弾き語りを聴いてもらっていましたwww
…今考えるとめちゃくちゃ迷惑ww

当時の友達、本当にサーセン

 

趣味は楽しむもの


いろんな物事に共通するような気がしますが、
「頑張らなくちゃ!」 「もっとやらなくちゃ!」 「こうしなくちゃ!」と、
肩に力が入っていればいるほど、いろんなことが目に付きすぎて嫌になったり、
頑張りすぎた分疲れてしまって長続きしにくい気がします。

 

これがいわゆる燃え尽き症候群でしょうかね。

 

…と偉そうに言えるほど、長く人生を生きてないけど。笑

 

それでは、後編に続きます。

 

-つづく(●´∀`●)-